コピックによる塗布還元法

コピックマーカーによる塗布還元法についてご紹介します。※動画は字幕ありで是非ごらんください。
この技法は「塗布還元法(とふかんげんほう)」を応用した実験技術になります。

塗布還元法についての解説ページ
http://10-48.net/howto/varnishing/

謄写版で還元法という名前は「空いた穴を埋めもどす」ことを行います。塗布還元法では「シェラックニス」を使用しましたが、今回はコピックペンを使っていきます。

コピックペン

コピックペンはアルコールマーカーです。シェラックニスがアルコールで融解することからヒントを得て、コピックでも還元できるのでは?と、思い立ち、使用してみました。

手順

還元法は「面製版」を行うことから始まります。

面製版についてhttp://10-48.net/howto/plate_making/

面製版が終わったらヤスリから原紙を外し、木枠等に原紙を貼り付けます。
コピックによる還元法3
塗布還元法と同様に浮かしながら描画したほうが良いので、木枠に貼り付けています。

描画は重ね塗ることで徐々にマスキングされるようになります。
コピックによる還元法4

刷りは、通常通りです。
コピックによる還元法5

表現について

先にも書きました通り、シェラックニスでは塗ってしまうとすぐ白く還元されるに対し、塗り重ねることによって徐々に還元(マスキング)される表現となっています
今回は1〜3度重ね描画しました。
コピックによる還元法6

また色によっても還元の具合が違うようです。
コピックによる還元法7

今回は、比較的還元度合いが高い「黄」「青」を使用しました。

追記(2016/11/6):注意点

この技法はXBのみの技法となります。
XAで面製版した後、このコピック還元法を行いましたところ
うまく穴がふさがらないことがわかりました。ヤスリの目の細かさによる技法ということです。

この技法のレッスンが受講可能です。

下のフォームよりお申込みができます。
受講料:3,000円(お一人、当日現金決済)所要時間:2時間

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望日時(必須)


日付と時間を営業時間13:00-19:00の間でご指定ください

メッセージ(ご参加人数など)ご質問等がございましたら、お聞かせください。

画像認証(必須:表示されている文字を入力ください)
captcha

You may also like...