レーザーカッターによるデジタル製版

レーザーカッターによるデジタル製版についてご紹介します。
※動画は字幕ありで是非ごらんください。

技術の背景

fax%e8%a3%bd%e7%89%88%e6%a9%9f

昨今の版画家の製作動向は、従来の手製版と同時にパソコンを利用したデジタル製版も取り入れた作品作りも盛んです。

そもそも謄写版にはFAX製版機を使用した製版が行われていた背景もあり、それを利用した版画家の活躍もある(野田哲也氏など)

ただこの機械による製版は保守や新たな入手は大変難関であり代用となる技法が求められると考え、実験することにしました。

レーザーカッターとは

紙、木製の板、プラスチック、ガラスなどにレーザー光線を照射し彫刻を行う機械。

焼き切る作業を行うため、手製版だと「線香製版」に当てはまり、素材に与える効果はFAX製版とほぼ同じ。

謄写版利用では、直接原紙製版するだけでなく、ベニヤ板等にレリーフを彫刻し「撫圧還元法」を行う利用方法もある。

この実験技法で使用したレーザーカッターは「FABOOL Laser Mini」
レーザーカッターの相場がおよそ30万円くらいのところ5万円代で購入が可能。ただし組み立て式のためややハードルが高い上に高級機のような高機能は搭載していない。

FABOOL Laser Mini http://www.smartdiys.com/fabool-laser-mini/

撫圧還元法(使用しているレリーフはレーザーカッターで彫刻したもの)
http://10-48.net/howto/frottage/

撫圧還元法2

手順

紙に描いたものをスキャナでパソコンに取り込み、画像編集。
ここでは、大きさを1023ピクセルに合わせる。編集箇所はレーザーカッターの仕様に合わせたものになる

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%881

画像を保存し、レーザーカッターの操作を行う。
%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%882

レーザーカッターのソフトに作成した画像ファイルを取り込み、描いた実サイズに合わせる。

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%883

パラメーター(レーザーの照射強度)をこの機材では2500mm/minと強度を50%に。

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%884

原紙をレーザーカッターにセット。

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%885

レーザーカッターの位置調整を行い、確認できたら加工開始。
大体20ー30分かかる。レーザーカッターは製品差があるので各機種による調整が必要。

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%886

製版終了の原紙

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%887

焼き切って穴を開ける製版なので、刷りは必ず典具帖紙を挟んで刷る。

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%888

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e8%a3%bd%e7%89%889

表現や諸事項

①ドーイングや写真データから製版が可能になります。
ソフトウェア上の特性やレーザーカッターラスター形式での出力となるため、点描や走査線の様な表現特徴があります。
img_5547

②機種にもよると思いますが、文字を製版するのには細密さが欠けます。

③ロウ原紙でなくとも製版できますが、ロウ原紙を鉄ヤスリであらかじめ製版しておいた後上からこのデジタル製版を施すことも可能です。

④謄写版ヤスリよりも大きな穴が空くので、製版後版はもろく刷りが難しくなります。

この技法のレッスンが受講可能です。

下のフォームよりお申込みができます。
受講料:3,000円(お一人、当日現金決済)所要時間:2時間

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望日時(必須)


日付と時間を営業時間13:00-19:00の間でご指定ください

メッセージ(ご参加人数など)ご質問等がございましたら、お聞かせください。

画像認証(必須:表示されている文字を入力ください)
captcha

You may also like...