ハチワレ猫の版画”A bicolor cat”

ハチワレ猫の版画”A bicolor cat”を制作しました。
まずは、動画を御覧ください。(Youtubeサイト)

製版篇|ハチワレ猫の版画”A bicolor cat”

刷り篇|ハチワレ猫の版画”A bicolor cat”

動画を2つに分けて公開しました。
この作品の特徴は、

  • 描圧還元法使用
  • 一版多色刷り
  • 基本的な刷り

となっています。

【製版篇|スタート〜00:15】

A bicolor cat1
まず、下絵の写し取りです。今回は3版ですので、3枚原紙を重ね鉄筆で写し取っていきます。
鉄筆はボールバニッシャーを使用しています。先が丸いので、不要な破れが発生しにくいです。

【製版篇|00:16〜00:44】
A bicolor cat2
鉄ヤスリで製版です。ヤスリはXBを使用。黒のハチワレ猫ですので、しっかり面製版を施していきます。面製版にはバニッシャーを使用しています。

【製版篇|00:44〜エンド】
A bicolor cat3
毛並みや面の強弱をつけるために、描圧還元法を施していきます。下敷き等のツルツルしたものの上に製版した原紙と使わない原紙を重ね鉄筆で黒の調子を薄めたいところをこすっていきます。

その他、あと2版についてもXBヤスリで面製版を行っています。

【刷り篇|スタート〜00:05】
A bicolor cat4
刷りです。まず目の部分を一版多色で刷っていきます。刷りはまず用紙を引きつけ見当に合わせフィルムを下ろし、原紙&典具帖紙を置きスクリーンを下ろします。
→一版多色刷りについて

【刷り篇|00:06〜00:19】
A bicolor cat5

スクリーンの上からインクをのせていきます。今回一版多色刷りには油絵の具(マツダ|QUICK-DRYING ETUDE)を使用しました。

【刷り篇|00:20〜00:29】
A bicolor cat6

インクをのせ終わると、上から養生テープを貼ります。原紙&典具帖紙がスクリーンに付きますのでマスキングテープで固定し、ローラーで刷ります。
→一版多色刷りについて

【刷り篇|00:30〜00:52】
A bicolor cat7
2版目は背景を刷ります。こちらも一版多色刷りで行います。

【刷り篇|00:53〜エンド】
A bicolor cat8

3版目は通常の刷りで行いました。サクラ版画インク油性を使用しています。
刷りは→一版一色刷りのページをご参考に。

A bicolor cat9

細かい各製版方法や刷り方法は、まだ10-48サイト内でご紹介しきれていない部分があり不明点が多いと思われますが、簡単に作品制作解説をいたしました。

A bicolor cat
10-48の「表現講座」の方で技法紹介を行っていますので、習得したい方は是非受講してみてください。

謄写版の表現研究へようこそ!

10-48のYoutubeチャンネルでは今回の制作動画や技法動画を紹介していますのでチャンネル登録を宜しくお願いします。

You may also like...